Medical.info

辛い症状は早く治したい【従来の進行予測とは違うので注意】

早期発見早期治療が鍵

何らかの病気があると、身体が思ったようにうまく動かなくなり、生活にも支障をきたしてしまうことが多いです。痛みがある場合はストレスも相当なものになりますので、辛い症状があればすぐに検査し、原因を特定し治療をするべきです。

リウマチで辛い症状ベスト5

no.1

関節が痛い

リウマチで一番つらい症状といえばやはり痛みでしょう。痛いと歯を食いしばる人はそれが肩のこりや頭痛を引き起こす原因ともなります。関節を動かすだけで痛いと感じるなら、生活をするのも辛くなってしまうのです。

no.2

関節が変形する

見た目が変形してしまう病気は周囲の目も気になるものです。そのためリウマチによる関節の変形は二番目に辛い症状だといえます。特に手の指に現れやすいため、隠すことが簡単ではなく、動かすのにも支障が出る場合があります。

no.3

朝身体が動かしにくい

日常生活に支障が出る症状があると辛いですが、リウマチは特に朝症状が出やすいです。眠っている間は体液が溜まりやすいため、むくみによって関節がこわばってしまいます。一日中そのこわばりが続くという人もいます。

no.4

関節が腫れる

手指の変形の他に、関節が腫れるという症状も出ます。足の股関節など、大きな関節でさえも腫れだすので、歩行にも困難が生じるのです。たいていの場合痛みを伴いますので、それも辛いでしょう。腫れた部分は赤みを帯びます。

no.5

内臓に障害をもたらす

たいていは関節に生じる痛みや腫れ、変形がほとんどですが、発熱をする場合もあり、内臓に障害がもたらされ体重減少などの症状が出る場合もあります。心臓にも障害が生じることもあり、この場合は悪性関節リウマチとよばれます。

進行の度合をチェック

病室

一年以内に早く進行する

リウマチになっても最初は痛みが少ないですし、放置してしまうという人も少なくありません。しかし、最近では一年以内に関節の変形は生じるという報告もありますので、早めの治療をすべきです。世田谷には専門医もいますので、早めに相談しましょう。
以前までは10年を過ぎてから急激に関節の変形が進むとされてきましたが、その常識は近年覆っているので、医療情報の更新は大切です。

軟骨が破壊される前に

世田谷の医院では丁寧に症状の説明をしてくれるので、どのように症状が進行するのか、治療の方法は何か聞いておきメモをとっておくべきです。
関節破壊はステージ1では見られませんので、この時期に治療を開始すべきです。ステージ1では軟骨や骨の周りにある滑膜が増えており、腫れがみられます。

ステージと生活における機能

ステージが進むごとに関節の破壊は進み、骨も破壊されてしまいます。最終的には関節が曲がらなくなってしまう事態になり、当然生活機能に支障が出てくることを覚えておきましょう。
関節が固定された状態だと動くことがままならなくなり、今まで通り仕事をすることもできなくなります。そして日常的な家事もできなくなるので、早めに世田谷の病院で治療しなければなりません。

知っておくと便利なリウマチの治療のこと

診断

病院をすぐ探すコツ

評判の良い病院のことを聞いたのであればその病院のホームページを見てみましょう。一から病院を探すのであれば、世田谷で自分が通いやすい病院を、条件をつけて探せるようなポータルサイトを活用すると良いといわれています。

READ MORE
病室

進行の度合をチェック

リウマチになってしまうと、関節が変形してきますし、痛みも生じます。特に関節の変形は一年で起きるということが分かっていますので、朝むくみなどの症状が出てきたらすぐに病院で検査をすることが大切だといわれているのです。

READ MORE
女医

薬も使われる

免疫機能が過剰になっているため、リウマチの治療では抗リウマチ薬や生物学的製剤を使って治療をしていきます。最初は抗リウマチ薬を使っていき段階的に生物学的製剤に移行しますが、生活のリズムや治療レベルに合わせて薬が選べます。

READ MORE
広告募集中